沖縄旅行の格安航空券のデメリット

フライトの数が限られるため旅行の計画を立てにくい

沖縄旅行の交通手段として格安航空券を選択する場合には、旅費の節約効果が期待できるものの、フライトの数が限られてしまうため、旅行のプランを立てることが難しいという問題もあります。特に、沖縄に就航したばかりの格安航空会社の中には、一日数便しかフライトが無いところもあり、多くの旅行者にとって悩みの種となっています。そこで、格安航空券を効果的に活用するにあたり、往復で二つの格安航空会社を使い分けたり、滞在期間を長めに設定したりすることがおすすめです。また、多少でも経済的な余裕があるときには、格安航空会社だけでなく、早いうちから大手の航空会社のセールやキャンペーンなどの利用についても検討するとよいでしょう。

ハイシーズンはお得感が少ない

沖縄行きの格安航空券は、学生やファミリーなど様々な立場の人から人気がありますが、時期や時間帯によっては、従来の航空会社の運賃とそれほど差が出ないこともあります。特に、ゴールデンウィークや夏休み期間中の格安航空券については、片道で三万円から五万円程度の運賃が設定されることが多く、お得感を重視する人にとってそれほどメリットがありません。そうした中、少しでも沖縄旅行の旅費を安くしたい時には、平日の午前のフライトの格安航空券を選んだり、ネット会員限定のプランに申し込んだりすることがおすすめです。その他、予約の際には、機内食や荷物の持ち込み、エンターテイメントなどのサービスを最低限にすることも大切です。